外のメシ

外のメシ

お疲れ様です。 大福しんのすけです。

私は家業を継ぐ前に一度外に
出されました。外のメシ
食ってこいとオヤジに言われて
20歳になる前に家を出ました。

面白かったですね。これが
大人の世界なんだと感心
しました。仕事は朝の7時から
夜の20時まで目一杯働きました。

金は入る【当時はバブル全盛期】
働けば働くほど金になる。
最高でした。でも一つ思ったのは
社長はどのくらい懐に入るの?

働かせて頂いているのに
金の計算をしてしまった私!
その時にすごく思ったのは
雇われ人は雇われ人なんだなと

20歳そこそこのガキが雇われ人には
魅力を感じなくてなっていた。
2年半、お世話になってその会社の
社長から従業員の人達に大変

お世話になって凄く勉強になりました。
退社する時に社長から食事に誘われて
色々話をしましたが、社長から一言!

この2年半でお前は何を感じたか
言ってみろと言われました。
私は正直に雇われ人は雇われ人!
自分をデカくするには経営者!

これだけを強く感じたと言いました。
社長は大笑いして一言!
そうか!いい勉強したな頑張れ!
いつでも手助けしてやるぞ!

いまだに手助けはして貰って
いませんが凄く良い社長に
出会えたなと感謝しています。
最高です。

働き方カテゴリの最新記事