お金について考える

お金について考える

美空篤です。

今日は「お金」について僕なりの考察を書いてみます。

あなたは、「お金」って聞くとどう感じますか?

ー この世で一番大切なもの
ー だけど、あまりガツガツ欲しいと言うとみっともない
ー お金の会話をするのは恥ずかしい

人によってそれぞれの価値観がモロに出るのが、「お金」ですよね?

特に、日本人は「お金」=「良くないもの」と思う人が多いようです。
確かに、親しくない人に自分から収入を教えたり、
店に行って露骨に「まけてくれ」ってあまり言わないですよね?

これは、日本の教育制度が理由なんです。

欧米諸国では、プロテスタントの教えもあって、
学校教育の中でもFinancial Studyが行われており、
簡単に言えば、
「ガッツリ稼いでお金を貯めたら天国に行けるぜ!」と言う文化です。

反対に、日本では、「和を以て貴しとなす」ではないですが、
人並みに教養をつけて、そこそこの会社に入って家庭を持って・・・
と言うのが普通の教育なのですね。
(どちらが良い悪い、の議論はここではやめときます)

ですので、日本人、特にサラリーマンの方は
「お金」に関するリテラシーが低いと言われています。

外資系にお勤めであれば、
この意味はすごくわかると思いますが、
とにかく日本人は商談が下手な民族と言われています。

これを個人レベルに落とし込めば、
自分の収入=お金稼ぎに対して無頓着な人が多いとも言えます。

たとえば、あなたが何か仕事を任されたとして、

・ インセンティブや自分の名誉の為に頑張る
・ お金もらいたいけど、めんどくさいし、怒られるからしゃーなしに頑張る

あなたはどちらでしょうか?

多くのサラリーマンの方が後者だなぁって、
僕自身いろんな方とお話ししていて思います。

反対に、インセンティブや自分の名誉の為に
仕事に打ち込む人は、不思議と収入は高いですね。
(もちろん、成果や置かれている企業の業績にもよりますが。。。)

「自分のために」「ガツガツと」仕事に打ち込む人には、
周りの協力もあって、仕事全体が上手くいって、
収入も自ずと上がっていますよね。

これって、実は偶然とかじゃなくて、

お金=価値の提供=エネルギーレベルの高い人に集まる

と言う真理を表しているからなんです。

中学の理科の授業で習ったと思いますが、
全ての物質は原子で構成されています。

この原子っていうのは、お互い相性ってのが存在していて、
相性の合うもの同士惹かれ合うのですね。

お金も人間も当然のことながら、原子でできていますので、
相性の合うもの同士が惹かれ合うと、お金も集まる訳です。

プラスのエネルギー=価値を提供する人には、良いお金がどんどん集まります。
(さっきの例でいうと、「一生懸命仕事をしている」=「他者への価値提供」という訳です)

反対に、
マイナスのエネルギー=価値を提供せず奪うことを考える人には、
お金は来ませんし、お金が来てもそれは「悪いお金」です。
(銀行強盗や横領なんて良い例ですね)

こういう角度で、「お金」を捉えて仕事をしてみては如何でしょうか?

【どうすれば周りに良い影響を与えられるのか?】

このマインドで、元気に仕事するのが、お金持ちへの最短経路ですね!

 

お金カテゴリの最新記事